トップページ > 事業紹介 > 経済事業

経済事業

営農指導事業

営農指導事業

「食」の「安心・安全」へのニーズは、より高まっています。営農指導事業は、日本の「南の食糧基地」としての最大限の役割を発揮するために、JA型地域営農ビジョンへの積極的な取り組みによる担い手の育成・支援、JA出資型法人を核とした新規就農者の育成や農地活用による産地基盤の強化に積極的に取り組み、地域の農業経営が継続的に発展するための生産・販売戦略を展開します。

事業内容はこちらから

販売事業

販売事業

食の供給産地としての責任を果たすべく「安心・安全な農産物」の生産や精度の高い情報の提供と併せて、「かごしまの農林水産物認証制度」の取得品目の拡大に努めています。

主要取扱品目はこちら

購買事業

購買事業

畜産事業

畜産事業

当JA管内では、自然豊かで温暖な気候の中でのびのびと牛や豚、鶏が育てられており、年間で子牛は約2,000頭、肉牛は約7,500頭、肉豚は約7,500頭、鶏肉は約630万羽が出荷されています。

農家の皆さんが手塩にかけて育てた牛・豚・鶏は、鹿児島県経済連、全農を通じて「鹿児島黒牛」「鹿児島黒豚」「茶美豚(チャーミートン)」「かごしま鶏肉」として全国の消費者の皆さんへ届けられています。

詳細はこちら

茶事業

茶事業

荒茶販売事業

茶業振興計画に基づき荒茶の有利販売と安心・安全な取引きを進めるため県内最大の荒茶共販産地づくりを推進しています。(生葉生産・指導・販売・購買)

再製(小売茶)の販売促進事業

比較的新しい産地であるためブランド面のハンディはあるが、消費者にマッチした商品づくりと積極的な広報・宣伝活動を続け「いぶすき えいみどり」を中心とした販売促進を進めています。

※平成29年4月の新茶より南九州の茶工場で生産・加工されたお茶を「知覧茶」として販売いたします。

詳細はこちら

トップへ戻る