トップページ > エコファーマーグループのご紹介

エコファーマーグループのご紹介


~IPMに積極的に取り組んでいます~



私たちは、温暖な気候や自然の力を活用し、作る人・食べる人・環境にやさしいオクラ栽培に取り組んでいます。

エコファーマー(持続性の高い農業生産方式) 取得
K-GAP(かごしまの農林水産物認証制度) 取得

 

とは
総合的病害虫・雑草管理(Integrated Pest Management)の略。
「かごしまのIPM」PRキャラクター「チーム・マモット」

化学合成農薬の使用を減らし、様々な方法を組み合わせて、病害虫や雑草の発生を抑える技術です。

 ①適切な栽培管理で防除・・・適切な栽培管理をすることで作物の病気や害虫の発生を防ぐ
 ②太陽光・風・水などで防除・・・熱、光、水、ネットなどを使用し、作物の病気や害虫の発生を防ぐ
 ③益虫(天敵)を使って防除・・・害虫を食べる益虫(天敵)などを使用し、害虫を退治する
 ④最小限の農薬を使って防除・・・特定の病害虫だけに効く農薬を効果的に使用し、作物の病気や害虫を退治する
もっと詳しく知りたい方はここをクリック!

オクラの栽培
面   積:
5.1ha
播種時期:
ハウス・・・1月下旬~
トンネル・・・3月中旬~
露地マルチ・・・4月中旬~
肥   料:
堆肥:1,000kg、苦土石灰100kg、苦土重焼燐40kg、JAオクラ配合60kg
(10aあたり)
※追肥は生育状況に応じて固形肥料・液肥で対応
品   種:
ブルースカイ、ニュースカイ、ジョニー、他
ハウスIPM:
天敵農薬(アフィパール、カメノコS)を使用し、害虫を駆除する殺虫剤の使用回数を最小限に抑える
トンネル・露地IPM:畑の周囲に土着天敵(テントウムシ等)の住み家となるソルゴー(イネ科・一年草)や
ソバの花を植え、害虫の発生を抑える
オクラの栄養・効能
ペクチン・・・水溶性食物繊維による整腸作用、コレステロール排出
β‐カロテン・・・視力・粘膜の健康維持、髪・皮膚の健康維持、喉・肺など呼吸器系統を守る
カリウム・・・ナトリウムの排出(塩分の取り過ぎを調節)、高血圧や動脈硬化の予防
オクラのレシピ
鹿児島県指宿市レシピ(ホームページより)
鹿児島県経済連提供レシピ
トップへ戻る