トップページ > お知らせ > 新型コロナウイルス感染予防に関する当組合の取り組みについて

新型コロナウイルス感染予防に関する当組合の取り組みについて

 いつも、JAいぶすきをご利用いただき誠にありがとうございます。

 さて、新型コロナウイルス感染症については未だ終息の目途が立たず、組合員・利用者様におかれましては不安な日々を過ごしているかと思います。

 当組合においても、「JAいぶすき新型コロナウイルス対策本部」を設置し、マスクの着用や各施設出入り口への消毒液設置等感染予防対策を徹底しているところであります。

 そのような中、緊急事態宣言も解除され国内が「新しい生活様式」を基本としながらも徐々に従来の生活を取り戻しつつある最中でしたが、7月に入り県内において感染者が急増し、JAいぶすき管内でも数名の感染者が発生したところであります。

 このような事態の中、「指宿市で発生した新型コロナウイルスの感染者はJAいぶすきの職員である」との間違った噂が流れ、組合員・利用者様におかれましてもとても不安な気持ちになったと思います。

 当該噂については事実ではなく、当組合の職員において感染者は全く発生しておりませんが、日頃から感染予防対策を徹底しておりましたが私共の感染予防対策の取り組みに反省すべき点があったため誤解を与えたのではと感じているところであります。

 今回の県内感染者の急増を受け、緊急に「第7回新型コロナウイルス対策本部会議」を開催し、感染予防対策を現在の状況に沿って見直し、一層取り組みを強化していくことと致しました。

 今回のことを受け、組合員・利用者さまはじめ地域の方々へ安心していただけるよう更に努めてまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

トップへ戻る